水素水ランキングはこちら

水素水サーバーランキング

水素水の効果効能

アルミパウチ水素水

スティックタイプ水素水

水素水サーバー

最近の記事

もっとみる

各水素水の口コミ

名水百選の基準

名水百選の基準

 

蛇口をひねって出る水道水ではなく、日本にはとてもキレイな湧水や河川がたくさんあって、自然のままの水を楽しめる場所がたくさんあります。都会ではなかなか見られないですが、日本全国には名水と言われる場所がたくさんあるのです。

そこで今回は、日本の【名水百選】についてお話を進めていきますね。一緒に確認していきましょう。

 

★名水百選と平成の名水百選は別物!

1985年に環境省は「日本の自然のままの水の素晴らしさを、よりたくさんの人に知って欲しい」「美しい水辺を感じて欲しい」という想いから、【名水百選】を選定しました。

これは、別名「昭和の名水百選」とも言われています。なぜなら、2008年には新たに「平成の名水百選」が選定されたからです。実は、名水百選と平成の名水百選は全く別の場所が選ばれています。

ですから、2つ合わせて200の河川や湧水が選ばれているというわけです。

 

★名水百選の選考基準は?

1985年に環境省が選定した名水百選に選ばれた水の名所の数々は、それ以後ブランド化・商品化されています。さて、名水百選の選考基準はどういったものなのでしょうか?以下にまとめてみました。

 

<名水百選の選考基準>

  1. 1.水量が一定量あること。
  2. 2.水質が優れていること。
  3. 3.周りの環境が整えられていること。
  4. 4.親水性に優れていること。
  5. 5.その名水を守るために、地域住民が保全運動をしていること。
  6. 6.希少性・規模・特異性・著名度など、いくつかの点で他の場所よりも優れていること。

 

上記の選考基準などによって、日本の名水百選は選ばれています。ただし、名水だからと言って全ての水が飲めるわけではないのです。いったいどういうことなのでしょうか?

 

★名水百選の水が美味しいとは限らない

勘違いをしてしまう人も多いのですが、名水百選は水の美味しさを基準としているわけではありません。

選ばれている名水はほとんどが湧水ですが、河川・地下水などの飲料水としては使えないお水や飲むときには煮沸が必要なものもあるのです。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、日本の名水百選についてご紹介しました。

1985年に環境省は「日本の自然のままの水の素晴らしさを、よりたくさんの人に知って欲しい」「美しい水辺を感じて欲しい」という想いから、【名水百選】を選定しました。あなたのお住まいの地域にはある名水はどこでしょうか。興味のある方は、是非お探しになってはいかがでしょうか。

 

水素水ランキングはこちら