水素水ランキングはこちら

水素水サーバーランキング

水素水の効果効能

アルミパウチ水素水

スティックタイプ水素水

水素水サーバー

最近の記事

もっとみる

各水素水の口コミ

ph値とは

ph値とは

 

昔、理科の授業で【pH】について学ぶ機会があったことでしょう。「ピーエッチ」「ペーハー」という言葉は、誰しも1度は聞いたことのある言葉ですよね。

しかしながら、改めてph値って何だろう・・・と考えてみると、意外とうまく説明できないものです。

そこで今回は、とても良い機会なので【ph値】についてまとめてみました。

理科が苦手!という人にも、とても分かりやすい内容になっておりますので、是非チェックしてみて下さいね。

 

★ph値とは?

pH値は、アルカリ性や酸性のレベルを数字で表すものです。酸性~アルカリ性の間に14個の目盛りを付けることによって、液体の度合いを測定していきます。

真ん中である中性は、目盛り7です。それ未満を酸性として、7よりも大きい場合はアルカリ性なります。

目盛りの値が小さいほど酸性が強くなり、目盛りの値が大きいほどアルカリ性が強くなるというわけです。

今までピンと来てない方はリトマス紙を思い出してください。赤くなったり、青くなったりするあのリトマス紙です。

理科の実験で酸性か、アルカリ性か、リトマス紙で実験しましたよね?

 

★アルカリ性と酸性の違いは?

アルカリ性と酸性が根本的に違うことは分かっていても、詳しく理解するところまでは達していない人がほとんどです。そこで、アルカリ性と酸性の性質についてまとめてみました。

 

<アルカリ性の特徴>

  • ・水酸化物イオンを放出していて、その数が多いほどアルカリ性が強くなる。
  • ・pH値で示すと、中性の7よりも大きい値。
  • ・酸を中和する役割がある。
  • ・赤色リトマス紙の色は青くなる。

<酸性の特徴>

  • ・水素イオンを放出していて、その数が多いほど酸性が強くなる。
  • ・pH値で示すと、中性の7よりも小さい値。
  • ・アルカリを中和する役割がある。
  • ・青色リトマス紙の色は赤くなる。

★もっと詳しくアルカリ性・酸性を見ていこう

それでは、詳しい測定値で見ていきましょう。

 

  • PH値が3.0未満:酸性
  • PH値が3.0以上6.0未満:弱酸性
  • PH値が6.0以上8.0以下:中性
  • PH値が8.0を超えて11.0以下:弱アルカリ性
  • PH値が11.0以上:アルカリ性

細かな定義となりますが、化粧品や洗顔料などに「弱酸性」などの表記もよく見られますので、上記のリストは頭の中に入れておいても損な情報ではありません。

pH値は、アルカリ性や酸性のレベルを数字で表すもので、酸性~アルカリ性の間に14個の目盛りを付けることによって、液体の度合いを測定していきます。

真ん中である中性は、目盛り7、それ未満を酸性として、7よりも大きい場合はアルカリ性なります。

目盛りの値が小さいほど酸性が強くなり、目盛りの値が大きいほどアルカリ性が強くなるのです。

 

まとめ

いかがでしたか?今まで何となくしか理解出来ていなかった「ph値」について、しっかりと理解することが出来たと思います。ちなみに水素水は弱アルカリ性の飲み物だということも、しっかり覚えておきましょうね。

 

 

 

水素水ランキングはこちら